天音光人の文学的日常

amanemitsuhito.exblog.jp
ブログトップ

内田康夫の浅見光彦シリーズの基本構造

わたしは内田康夫の浅見光彦シリーズの愛読者で、その大半(百冊ぐらい)は読んでいるのですが、そこにはだいたい共通する基本構造があることに気づきました。

・プロローグ
・事件発生
・マドンナが巻き込まれる
・浅見光彦の介入
・警察による誤った捜査
・浅見と警察との対立
・浅見が刑事局長の弟であることが発覚
・警察の協力
・真相解明
・事件解決(犯人逮捕/自害)
・マドンナとの別れ
・エピローグ

だいたい以上のような流れになっているようです。


[PR]
by amanemitsuhito | 2018-10-03 13:51 | 文学一般 | Comments(0)

天音光人の文学的日常


by 天音光人