天音光人の文学的日常

amanemitsuhito.exblog.jp
ブログトップ

井上ひさし『青葉繁れる』読みました

井上ひさしの『青葉繁れる』(文春文庫)を読みました。これもモッキンポット師シリーズと同じ系列の自伝的小説ですが、設定は変えてあり、主人公は高校三年生で、舞台は昭和二十年代後半の仙台です。

主人公は仙台随一の進学校である仙台一高の落ちこぼれの稔というモテない少年で、同じく落ちこぼれのモテない友人たちと一緒に、近くの女子高の生徒たちと仲良くなろうとしますが、ことごとく失敗します。

私もモテない男たちをよく小説に登場させていますので、主人公たちには非常に共感できます。現代からするとどうしても古くさく思えるところも少なくないですが、やはり井上ひさしはさすがにうまいですね。




[PR]
by amanemitsuhito | 2018-03-14 07:17 | 読書記録 | Comments(0)

天音光人の文学的日常


by 天音光人