人気ブログランキング |

天音光人の文学的日常

amanemitsuhito.exblog.jp
ブログトップ

内田康夫『不等辺三角形』読みました

内田康夫の『不等辺三角形』(講談社文庫)を読みました。名探偵浅見光彦シリーズの一つで、比較的新しい作品です。浅見光彦シリーズは古いものはすべて一通りは読んでいますが、新しいものはまだで、この作品は今回初めて読みました。Amazonでのレビューの評価は高めです。

奥松島の箪笥職人が名古屋のある人物から幽霊箪笥と呼ばれる不吉な箪笥の修理を依頼されたものの、その依頼人と関係者が殺され、浅見光彦が事件解決を依頼されます。ポイントになるのは箪笥の中に隠されていた暗号らしき五言律詩と不等辺三角形重心という言葉です。

謎解きの要素としては特別面白いというわけではありませんが、浅見光彦をはじめとする登場人物たちの魅力と背景にある人間関係がよくできています。ワンパターンではありますが、水戸黄門などと同じで、安心して読める作品ですね。




by amanemitsuhito | 2018-03-11 07:01 | 読書記録 | Comments(0)

天音光人の文学的日常


by 天音光人