天音光人の文学的日常

amanemitsuhito.exblog.jp
ブログトップ

Kindleを半年ほど使ってみて

Kindleを使い始めてから半年ほどが経ちました。一番安いタイプのを四千円のクーポンを使って買ったので、五千円ほどだったのですが、結構重宝しています。最近は紙の本よりもKindle用の電子ブックで購入する方が多いかもしれません。

何よりも便利なのは、紙の本のように場所をとらず、持ち運びが便利だということです。紙の本だと、どこに置いたかなと探さなければならないことも多いのですが、Kindleならばその心配もいりません。また値段も紙の本よりは安く、とくに著作権の切れたもので青空文庫に入っているようなものは、格安で買えます。あとは文字の大きさが変えられるのもいいです。クリック一つですぐ入手できるのもいいですね。

逆に不便な点もあり、図表などが入っていると見にくいですし、カラーのイラストなども白黒になってしまいます。あとは紙の本と違って、他人に貸してあげることができません。それからパラパラとめくることもできませんし、紙の質感が味わえません。

本の性質や内容に応じて、紙にするかKindleにするか分けるのがよさそうです。小説のような文字テキストだけのものは、Kindleが便利ですね。




[PR]
by amanemitsuhito | 2017-10-01 07:44 | その他 | Comments(0)

天音光人の文学的日常


by 天音光人