天音光人の文学的日常

amanemitsuhito.exblog.jp
ブログトップ

司馬遼太郎『街道をゆく(1)湖西のみち、甲州街道、長州路 ほか 』読みました

司馬遼太郎の『街道をゆく(1)湖西のみち、甲州街道、長州路 ほか 』を読みました。このシリーズは全43巻出ているので、全部読むのは大変ですが、とりあえず第1巻だけ読みました。司馬遼太郎の作品では、だいぶ前に『竜馬がゆく』や『坂の上の雲』などを読んだことがありますが、紀行文も似たような感じの文体で書かれています。

特徴としては、行く先々の土地に関して、その歴史的な背景の蘊蓄が非常に多く語られています。読んでいて、なんとなく旅行気分に浸れるだけでなく、過去の時代への郷愁も感じることができます。

紀行文というのは、自分で旅行に出なくても、読むだけで旅行したような気分になれるのがいいですね。




[PR]
by amanemitsuhito | 2017-09-11 07:34 | 読書記録 | Comments(0)

天音光人の文学的日常


by 天音光人