天音光人の文学的日常

amanemitsuhito.exblog.jp
ブログトップ

旧作『初恋が終わるとき』を少し改稿しました

旧作の『初恋が終わるとき』を少し改稿しました。この作品は一年ちょっと前に書いておいたものですが、今読み返してみても、それなりに完成されていて、あまり書き直すところはありませんでした。

テーマとしては、初恋の呪縛と解放です。小学生ぐらいの初恋というのは甘美なものとしていつまでも心に残るものですが、それは人によっては呪縛となります。つまり、他の人と恋ができなくなってしまうことがあるのです。逆に、年をとって初恋の相手と再会すると、幻滅してしまうことも多いですね。

小学生高学年ぐらいの男の子にとって、同年代の女の子の裸というのは神秘的な憧れの対象でしょう。ちなみに修学旅行で間違って女湯のドアを開けて、同級生の女の子の裸を見てしまったというのは、ある友人の体験談です。

短編『初恋が終わるとき』:http://ncode.syosetu.com/n7299dw/




[PR]
by amanemitsuhito | 2017-09-09 07:38 | 自作について | Comments(0)

天音光人の文学的日常


by 天音光人