天音光人の文学的日常

amanemitsuhito.exblog.jp
ブログトップ

アイデアはアレンジから

前に書いた原田マハの『カフーを待ちわびて』は、モテない男のところに見知らぬ女性が突然お嫁さんにしてくださいと押しかけてくる話ですが、これは昔話などにも出てくるモティーフで、それ自体は新しいものではありません。しかし、それを痕跡がわからないくらいに現代的にアレンジし直してあります。

考えてみると、アイデアというのはまったく新しいというものはほとんどなくて、大半はすでにあるものをアレンジし直したものなのだろうと思います。そのアレンジのしかたがアイデアを生み出す際にもっとも重要な要因なのでしょう。

そんな観点から、もっとアイデア出しを続けてみたいと思っています。




[PR]
by amanemitsuhito | 2017-08-19 07:43 | 小説作法 | Comments(0)

天音光人の文学的日常


by 天音光人