天音光人の文学的日常

amanemitsuhito.exblog.jp
ブログトップ

憧れの軽井沢

軽井沢は文学者の別荘が多いことでも有名です。私も中学生の時に堀辰雄の『美しい村』を読んで、舞台となっている軽井沢に憧れを抱きました。そしてそれからずいぶんたってから、初めて軽井沢を訪れたときには、やはり感激しました。

『美しい村』に出てくる巨人の椅子を見たり、旧サナトリウム跡を見たりしましたし、追分では堀辰雄文学記念館も見学しました。そして堀辰雄が宿泊していたというつるや旅館のあたりを歩いては、背の高い痩せぎすな少女(『風立ちぬ』の節子)の面影を探してみたりしました。『風立ちぬ』に出てくる幸福の谷は川端康成の別荘があったところの近くらしいですが、そこも非常に趣のあるところでした。

それから軽井沢には五回ぐらい行きましたが、この夏にもなんとか行ってみたいと思っています。一度ぐらいはジョン・レノンの定宿だったという万平ホテルなんかに泊まってみたいものですが、夢のまた夢ですね。




[PR]
by amanemitsuhito | 2017-07-24 07:20 | その他 | Comments(0)

天音光人の文学的日常


by 天音光人